税理士の業務内容

税理士の業務内容とは

税理士とは税理士法に定める国家資格を持った税務のスペシャリストで、暮らしや経営のパートナーとして申告納税制度を担う役割を持っています。主に税務の代行や、申告書類の作成代行、税務の相談を基本的な業務としています。 さらに行政書士の業務全般や、社会保険労務士の一部の業務だけではなく、会計参与として株式会社の経営に参画し、計算書類作成の責任者として活躍することも可能です。最近では、個人の事務所だけではなく、複数人で運営する税理士法人が設立され、大規模案件にも対応できる所も増えて来ています。 税理士を利用するには、近所の税理士事務所に直接連絡する以外に、インターネットを利用した紹介専門のサービス会社で一括見積りを取ってもらうこともできます。

専門家を利用するメリット

税理士の報酬は、従来は税理士法に定める報酬規定で全国一律でしたが、現在は廃止され事務所ごとに自由に料金やサービス内容を設定できるようになりました。例えば、初回の相談や相続税の計算シミュレーションは無料で実施できるサービスもあります。 税理士業界でも価格競争が激しくなり、サービスが多様化してきています。従来は、規制に守られた報酬規定だった為、一般の利用者には報酬内容が見えない状況でしたが、最近は業務内容や訪問回数に応じて細かく料金設定をすることでリーズナブルな体系を取っている事務所も増えてきています。 特に会社経営に携わっている人達に取って、いまの会社に取って必要な業務だけを選択し、売上規模や財務状況に応じて依頼できるのがメリットです。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。